ナツ整骨院

五十肩の原因と治療法 整骨院の専門家が徹底解説!

お問い合わせはこちら ご予約はこちら

五十肩の原因と治療法 整骨院の専門家が徹底解説!

五十肩の原因と治療法 整骨院の専門家が徹底解説!

2023/09/20

五十肩は、中高年以上の方によく見られる肩関節の痛みや可動域の制限を引き起こす疾患であり、その名の通り50歳以上の方に多く発生することが知られています。そこで今回は、五十肩の原因や治療法について、整骨院の専門家が徹底解説します。五十肩に悩む方はもちろん、予防のためにも是非参考にしていただければと思います。

目次

    五十肩とは?

    五十肩とは、肩の痛みや運動制限を引き起こす症状の一つで、50歳以上の人に多く見られるため五十肩と呼ばれています。一般的に、肩関節周囲炎とも呼ばれ、肩の動作によって痛みが増すという特徴があります。 五十肩の原因は、肩の周りの軟組織の炎症や、骨の変形などが考えられます。また、過度な肩の使用、多くのストレス、運動不足などが引き起こすこともあります。 五十肩になってしまった場合は、まず早めに整骨院や接骨院などの専門医療機関を受診することが大切です。そこで、患者さん一人ひとりの状態に合わせた適切な治療や、運動療法、ストレッチ、マッサージなどが行われます。それによって、肩関節周囲炎の症状を改善し、痛みを軽減させることができます。 五十肩は、放置すると症状が悪化する恐れがあります。早期発見、早期治療が重要です。整骨院では、患者さんの状態をしっかりと把握して、最適な治療を提供してくれるため、安心して受診することができます。

    五十肩の症状と診断

    五十肩とは、肩関節周囲の炎症や凝りから生じる、肩の痛みや動かしづらさを伴う疾患です。主に50歳以上の人によく見られ、肩を動かせない、夜間に痛みが強くなる、肩を持ち上げることができないなどの症状が現れます。 五十肩の診断には、まず診察や症状の詳細なヒアリングが行われます。次に、レントゲンやMRIなどの画像診断を行い、肩関節周囲の炎症や変形の有無を確認します。また、炎症リスクに関係する生活習慣や過去のケガの有無なども調べられます。 整骨院で五十肩を治療する場合、まずは炎症を鎮めるために温熱療法や牽引療法、マッサージなどの手技療法が行われます。その後、筋力トレーニングやストレッチングを行い、肩の可動域を拡大し、回復を促します。 五十肩の早期発見と適切な治療が重要です。整骨院では、患者さんの症状に合わせた効果的な治療方法を提供し、患者さんの回復を支援しています。

    五十肩の治療法

    五十肩は、肩の運動制限や痛みなどを引き起こす疾患です。主に50歳以上の人々に見られるため五十肩と呼ばれています。治療としては、運動療法や物理療法が一般的です。まずは、痛みを和らげるために、湿布や温湿布、鎮痛剤などを使用します。その後、肩周りの筋肉をストレッチやマッサージを行い、血流を促進することで疲労回復を促し、肩関節を動かせるようにします。また、運動療法も行います。患部に負荷をかけない運動を行ったり、徐々に負荷をかけることで、筋力や可動域を回復させることができます。整骨院では、運動療法と物理療法を組み合わせた治療を行っています。五十肩でお悩みの方は、早めに専門家に相談し、治療を開始しましょう。

    五十肩の予防法

    五十肩は、主に50歳以上の方に発症する肩の痛みや硬さを伴う病気です。五十肩を予防するためには、以下のポイントが大切です。 まず、適度な運動を行い筋肉を鍛えることが大切です。定期的なストレッチや運動で肩の可動域を維持し、血行を促進させることが有効です。また、肩を無理な姿勢にさせないために、座り姿勢でのデスクワークや、荷物を持つ際も、肩の位置に注意しましょう。 食生活にも注意が必要です。ビタミンEを含む食材や、魚油を含むサプリメントを摂取することで、肩の血行を促進させ、五十肩の予防につながります。 最後に、ストレスを溜めず心身ともにリラックスすることも大切です。ストレスは筋肉を硬くして、五十肩を引き起こす原因の一つです。ストレス解消のためには、趣味を楽しむ、マッサージを受ける、瞑想をするなど自分に合った方法を見つけましょう。 五十肩は、年齢を重ねることで発症する病気ですが、上記の予防方法を実践することで予防することもできます。もし肩の痛みや硬さを感じた場合は、早めに専門家である整骨院に相談しましょう。適切な施術やアドバイスを受けることで、早期に改善することができます。

    五十肩の運動制限と再発の恐れ

    五十肩は、肩の周りにある肩関節包が硬くなり、動きが制限された状態を指します。この症状を持つ方は、日常生活においてさまざまな動作が制限されることがあります。そのため、整骨院に相談する方も多く、五十肩の様々な治療方法が提供されています。 五十肩の運動に制限がある場合、治療過程での運動療法が不可欠となります。運動療法では、肩関節包の柔軟性を高め、適度なストレッチ、筋トレ、運動で回復を目指します。ただし、治療中でも無理な動きをすると、再発の可能性が高くなります。運動の範囲や、回数、負荷などを調整しながら行うことが大切です。 また、五十肩は再発しやすい症状でもあります。治療を受け、症状が改善しても、普段の生活で無理な姿勢や過剰な負荷がかかると再発してしまうことがあります。そのため、治療後も正しい姿勢やバランスのとれた運動などを意識し、予防することが大切です。 整骨院では、運動療法やその他の治療方法を用いて、五十肩の改善と再発予防に取り組んでいます。症状が出ている方は早めに専門家に相談し、正しい治療を行うことで早期回復が期待できます。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。